--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12
2017

自作リキッドを作ろう!!(作り方編)

CATEGORY未分類
どうも!!旅人VAPERです。

今回は、おまちかねの自作リキッドを作ろう本編について書いていきます。

他のサイトを見ると、海外から取り寄せたフレーバーや、国産でも15mlで600円ほどするフレーバーを使っている記事ばかりを見かけますが、なんせわたしにはお金がありません・・・フレーバー代をも、どうにか浮かせたいところです。

そこで今日使用するものは、以前にもお知らせした「T&M」さんのフレーバー。

ほかの会社のものがなかなかの高額で扱っているフレーバーを、こちら「T&M」さんでは、10mlあたりなんと・・・


100円!!(安っ!!!)


で、購入することができます。
しかも種類もフルーツ系からドリンク系まで、普通に吸うには十分な種類のフレーバーが揃っています。

ちなみにわたしは、初回から13本のリキッドを購入しました。
なぜまとめて購入したかというと、一般の企業さんからネットで直接購入するので、どうしても送料がかかってしまいます。
関西では700円でした。
しかし、どれだけ頼んでも送料は同じですので、それならまとめて購入しちゃえーーー!ってことで、13本頼みました。

また、10mlで100円ですが、大きいものはさらに安くで買えますので、気に入ったものがあれば大きいものをおすすめします!!



それでは、いよいよ初のリキッド作り!!わくわく・・・

用意するものは、「自作リキッドを作ろう!!」(準備編)で紹介した通りとなます。


はい、では作り方を紹介していきますー

①まずはじめに、PGとVGを5:5の割合で混ぜていきます。

今回は60mlずつ混ぜていきます。シリンジで60mlずつ吸い取って、容器に移します。
※シリンジは針がついていたら細すぎて吸えないので、針なしで吸い取りましょう。

WIN_20170212_175102.jpg


はい、こんな感じですね。これがベースリキッドとなります、。実はこの時点でも、タンクに入れればVAPEとして吸えます。もっというと、VGだけでも吸えます。味もVGのほのかな甘みが感じられ、これでいいやって人はこれで吸い続けてもかまいません。
しかし、さすがに飽きてくるので、そこにフレーバーを入れるわけです。

②よく振ってまぜてください。

このベースリキッドは、今後リキッドを自作する際に毎回使うものですので、多めに作っておいて大丈夫です。
次からは、これにフレーバーを混ぜるだけの作業となります。

③フレーバーを入れます。

この容器に直接ぶちこんでもかまいませんが、おすすめしません。理由はもちろん、味付けに失敗してしまったときに、無理やり他のフレーバーを混ぜるか、捨てるかになってしますからです。

また、市販リキッドの空き容器(15ml)などで作ることも可能ですが、それでも失敗して捨てたりすると、どこかもったいないです。

ですのでわたしは、アトマイザーのタンクに、ベースリキッドをある程度入れて、そこにフレーバーを数滴たらしています。

WIN_20170212_175208.jpg



失敗してしまっても、4mlだけを捨てるので、そこまでダメージはありませんね。
(コイルに染み込んだリキッドはどうしようもないので、洗浄するしかありませんが・・・)

あ、ベースリキッド4mlに追加するフレーバーですが、わたしはいつもだいたい10滴くらいです、そこから増やしたりします。
ただ入れすぎるとシャバシャバになってしまうのでほどほどに・・・


④タンク内でよく混ぜたら、完成!!

完成したら、コイルの焦げ防止のため、数分放置してから吸ってみてください。
初めてにしてはそこそこの味になっているかと思います!!

できるかわからないし、不安になりながらやってみても、成功したらうれしいものですねー♪


では、今日のおさらい!!

①VGとPGを合わせてベースリキッドを作る。
②フレーバーを入れる。
③完成


短い!!(笑)
でもそれだけ簡単ってことでした!!

ちなみに、このベースリキッドに飽和メンソール液を入れると、ハイパーメンソールの完成です!

次はわたしが実際に使ったフレーバーのレビュー書いていきます!


ではでは!!明日からお仕事!
休憩時間にはVAPEでも吸って、リラックスしましょうねー(^_-)-☆


よければポチっとお願いしますー!



FC2 ブログランキング

電子たばこ ブログランキングへ
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。